1. TOP
  2. コピーライティング
  3. 広告を出す前に決めておいたほいがいい3つのこと「千葉売上アップ実践会」

広告を出す前に決めておいたほいがいい3つのこと「千葉売上アップ実践会」

千葉売上アップ実践会
ダイレクチレスポンスマーケティング(DRM)
コンサルタントの田中博康です。

 

広告を出す前に
決めておいたほいがいい3つのこと。

あなたも1度や2度はお店、会社の広告、

チラシを出したことがある思います。もちろん、

PPCやFacebook広告などのオンラインも同様です。

 

わたしもそうでしたが、不思議なことに、

起業や独立する人は、財務や会計、

保険、申告などは前向きにいろいろと調べたり、

聞いたりして、それなりのことを

学んでいくのですが、正直、これらは

専門家がいます。税理士さんや役所で聞けば

事が足りることがほとんど。

 

ですが、一番大事なあなたの給料を

生み出してくれるお客さんを集めるための施策、

広告やチラシの事になると何もしない人が

ほとんどという事実に驚かされます。

多くの人が新聞の折り込みや地域紙の記事に

載っている同業者の広告を見て、あなた自身が

ピンときたものをパクる…

 

もしかしたら、

あなたもそんな感じかも知れません。

ですが、今日、このページを読んだ時点で

同業他社のチラシを「パクる」

というようなことはしなくなります。

なぜか?

パクることが倫理に反するから…

ではありません。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あなたのお店、会社が同業他社のチラシを

マネすることに意味がないからです。

 

どういうことか?それには理由があります。

あなたは、その同業他社の広告が

どれくらいの反応が出ているのか知っていますか?

単に広告のネタ、レイアウトを考えるのが面倒、

案が出てこないという理由だけで、

効果が出ているかどうかもわからない同業他社の
広告をマネをするなんて
ばかげていると思いませんか?

 

この記事を読んでくれているあなたは

そんなばかなことはしないでください。

では、広告やチラシであなたが競合他社から

頭、一つ、二つ抜け出すにはどうしたらいいのか?

抜け出す方法を紹介します。

 

1.その広告を出す最大の目的は何?

もちろん、一番は「売る」ことなんですが、

その商品を売ることで何をしたいのか?

認知なのか、新しいお客さんを集めたいのか、

ネット広告ならリストを取るのか?

メルマガ登録なのか?

「商品を売った結果、○○になった」ではなく、

「○○な目的で、この商品を売りたい」と言う

切り口で考えていますか?

 

2.商品の位置付け。

いわゆるポジショニングというやつです。

はっきり決めることはできませんが、

ざっくりでいいので、商品の位置付けを考えます。

これには次の質問に答えてみてください。

「この商品は何をするのか?」

「誰のためのものなのか?」

ということです。

商品、サービスは大きく分けて3つ

・フロントエンド
・ミドルエンド
・バックエンド

の3つです。

フロントエンド と言うのは集客商品。

例えば、

サンプル請求してもらうための試供品、みたいな。

英会話スクールなら初回授業無料、とか。

できるだけ、いろんな人に知ってもらう、

お客さん候補を集めるのが目的です。

もちろん無料じゃななくてもいいのですが、

「安価で試せる」とイメージしてください。

 

ひとつ飛んで、バックエンド。

これは利益商品のこと。

フロントエンドで集めたあなたの商品、

サービスに興味があるお客さんの一部が

高額商品(利益率が高い)を

買ってくれるというもの。

 

最終的にはここにお客さんを

持っていきたいのですが、

安価なお試し商品からいきなり高価な

バックエンドのジャンプアップするのも

無理がある場合があります。

 

そこで、真ん中のミドルエンドということで、

安価でもなく、高価でもない。

原価割れや原価ギリギリラインでもなく、

かといって無茶苦茶利益率が高いものでもない。

そんな価格帯の商品があれば用意をしてください。

 

このミドルエンドで色々買ってくれたお客さんが、

あなたの商品、サービスに満足してくれば、

「こんな(バックエンド)商品がありますよ」と

紹介するだけ、売り込まずして利益率が高い商品が

売れることにもなります。

 

フロントエンドとバックエンド。

売るのが難しいのは、

高額商品のバックエンドかと思うかもしれませんが、

実はフロントエンドの方が売るのが難しいんです。

なぜなら、全くあなたの商品、サービス、あなたや、

あなたの会社を知らない人に買ってもらうのですから。

 

安価だからと言って簡単にみていると、

意外と売れません。

色んな人に知ってもらうのが目的ですから、

広告費はかなりかかります。

 

が、

バックエンドがあることで、

フロントエンドで使った広告費を

回収することができるのです。

 

この仕組みを知らない社長や起業、

独立した人は、単に商品、サービスを

売ることだけを考えてしまいがち。

 

認知に行く前に

体力(資金)が持たずに頓挫する…

なんてことにもなりかねません。

なので、集客商品と利益商品を

きちんと作っておくことが必要です。

 

3.メディア

最後はメディアです。

商品、サービスを宣伝する媒体をどうするか?

ということです。(媒体=メディア)

 

あなたが売りたい商品、サービスを求めている

ターゲット(市場)は、どんなメディアを

使って情報収集をしているのでしょうか?

それを考えると、答えは出てくると思います。

 

広告を出す前には、最低この3つのことを考え、

練ってから広告作成をしてみてください。

間違っても、広告屋にすべてを任せてはいけません。

彼らは広告を作るのが仕事。

あなたの会社の商品、サービスが売れる売れない、

なんて知ったこっちゃないのです。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございます。

今日の記事の内容が、良かったな~と感じたら
「いいね」や「シェア」をぽちっとお願いします。

千葉売上アップ実践会
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
コンサルタント 田中博康

――――――――――――――――――――
千葉売上アップ実践会
――――――――――――――――――――
メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/k3hG
Facebookページはこちらから
https://www.facebook.com/chibasalesup/#
(ぜひ、ページに“いいね”をお願いします)
LINE@はこちらから
→@wge8722xsh
メルマガ解除はこちらから
https://mail.os7.biz/del/k3hG
提供メニューはこちらから
http://salescopywriter.jp/lp/menu/
――――――――――――――――――――
発行人:田中博康
住所:千葉県千葉市稲毛区長沼町293
お問い合わせ:chibasalesup※gmail.com
(送信の際は※を@に変えてください)
―――――――――――――――――――

\ SNSでシェアしよう! /

千葉売上アップ実践会の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

千葉売上アップ実践会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

田中博康(たなか ひろやす)
DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)コンサルタント。
1997年から整体業界に。整骨院を開業した2008年にDRMに出会う。その後、DRMにはコピーライティングも必要だと感じ、2013年にダイレクト出版主催のコピーライティング講座“アプレンティス”に参加。自身の院でコピーライティングとDRMを使い、集客、患者維持のDMなどに応用。その経験を活かし、2018年からDRMをまだ知らない他業種の方へ紹介する「千葉売上アップ実践会」を立ち上げる。
・優良顧客へのDMキャンペーン結果
36,000円、45,500円、16,800円、
18,000円、11,000円の売上アップにかかった費用は切手代のたった120円だけ。
・328円で98,840円の売上。
・164円で12,000円の売上
・2年半通院がなかった患者さんの再来院率12.96%。
・8年半ぶりの来院で3か月の通院。
・9年ぶりに来院した患者さん。その後、5か月の通院で60,450円の売上。
・患者さん本人が院の存在を忘れていた…。10年ぶりの来院で26,073円の売上(保険請求含む)
・1枚のはがき「久しぶりね」と来院。通院1カ月で30,633円の売上(保険請求含む)
・10年前の患者さんが4人来院。トータルの売上90,936円(保険請求含まず)

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたの見込み客を増やす方法「千葉売上アップ実践会」

  • 事実・買い手は商品を買っていない「千葉売上アップ実践会」

  • 居心地のいい場所「千葉売上アップ実践会」

  • 成長していくために必要なこと「千葉売上アップ実践会」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • ファンになりました「千葉売上アップ実践会」

  • スーパーボウルとプリンスとプロレスと…「千葉売上アップ実践会」

  • 恥ずかしい話「千葉売上アップ実践会」

  • 学校の怖い話「千葉売上アップ実践会」

  • 千葉売上アップ実践会

  • ガーン( ;∀;) から思い出した自分に向けられた言葉「千葉売上アップ実践会」