1. TOP
  2. アイデア
  3. 季節感ナシ「千葉売上アップ実践会」

季節感ナシ「千葉売上アップ実践会」

千葉売上アップ実践会
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
コンサルタント 田中博康です。

 

昔はある一定の時季しか見なかったのですが

最近、1年を通してよく見るCMがあります。

それは、ランドセルのCM

 

「ラン活」って聞いたことありますか?

 

どうやら、「ランドセル活動」の略語で

コトバンクによると、

小学校入学を控えた子供のランドセルを選び、

購入するための活動を指す造語のようです。

 

こどもの数が少なくなってきているので、

単価が高いランドセルは

書き入れに持ってこいの商品。

 

昔は、歴史あるかばん屋さんとか、

こじゃれた格好して百貨店に行って

年明けくらいに買っていたものが、

いつしかIY堂や主婦の店D(今はIオン)で

買えるようになりました。

 

販売時期も年始当たりからではなく、

帰省する子供、孫を狙ってか、

夏休み前の販売になり、

 

それが今では5月の連休前、

早いところなんかは、

入学式が終わって…いや、

年間通して売り場が展開されています。

 

人は手に入らないものが

欲しくなる生き物です。

 

いつでも手に入るものは、

興味ありません。

 

手に入らなくなる、

手の入れることが難しくなる、

となると、行動力が出ます。

 

提供されるものが少なくなると、

希少性の感情が働き、

多少高くても、値踏みをせず、

買ったりしてしまいます。

 

ランドセルを年間通して販促することは、

IY堂なりIオンなり、買い物に行くたびに、

目に入ることで

「ここに来ればランドセルがいつもある」と

潜在意識下に植え付けて、

いざ、買おうとしたとき、

思い出しやすくさせているのか?

 

買おうとした時に、陳列されている

ランドセルが減っていくのを見て、

購入を急かせる目的があるのか?

 

子供と買い物行ったとき、

子供がランドセルに気づき、

親の足を止めさせ、

購買意欲を高めるのが目的なのか?

 

年間通して販売している目的は

いろいろとありそうですが、

マクドナルドの月見バーガーのように

秋限定の希少性で

購買意欲を高めるのも大事ですが、

「いつでも手に入る」

ということをするのもアリかな、と

 

ただし、この戦略は

ランドセルのように、昔は時季が

限られていたものに限られると思います。

 

今日はここまで。
最後までお付き合いいただきありがとうございます。

 

千葉売上アップ実践会
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
コンサルタント 田中博康

――――――――――――――――――――
千葉売上アップ実践会
――――――――――――――――――――

メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/uYUT

Facebookページはこちらから
https://www.facebook.com/chibasalesup/#

(ぜひ、ページに“いいね”をお願いします)

LINE@はこちらから
→@wge8722x

メルマガ解除はこちらから
https://mail.os7.biz/del/k3hG

――――――――――――――――――――
発行人:田中博康
住所:千葉県千葉市稲毛区長沼町293
お問い合わせ:chibasalesup※gmail.com
(送信の際は※を@に変えてください)
――――――――――――――――――――

\ SNSでシェアしよう! /

千葉売上アップ実践会の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

千葉売上アップ実践会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

田中博康(たなか ひろやす)
DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)コンサルタント。
1997年から整体業界に。整骨院を開業した2008年にDRMに出会う。その後、DRMにはコピーライティングも必要だと感じ、2013年にダイレクト出版主催のコピーライティング講座“アプレンティス”に参加。自身の院でコピーライティングとDRMを使い、集客、患者維持のDMなどに応用。その経験を活かし、2018年からDRMをまだ知らない他業種の方へ紹介する「千葉売上アップ実践会」を立ち上げる。
・優良顧客へのDMキャンペーン結果
36,000円、45,500円、16,800円、
18,000円、11,000円の売上アップにかかった費用は切手代のたった120円だけ。
・328円で98,840円の売上。
・164円で12,000円の売上
・2年半通院がなかった患者さんの再来院率12.96%。
・8年半ぶりの来院で3か月の通院。
・9年ぶりに来院した患者さん。その後、5か月の通院で60,450円の売上。
・患者さん本人が院の存在を忘れていた…。10年ぶりの来院で26,073円の売上(保険請求含む)
・1枚のはがき「久しぶりね」と来院。通院1カ月で30,633円の売上(保険請求含む)
・10年前の患者さんが4人来院。トータルの売上90,936円(保険請求含まず)

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたの見込み客を増やす方法「千葉売上アップ実践会」

  • 事実・買い手は商品を買っていない「千葉売上アップ実践会」

  • 居心地のいい場所「千葉売上アップ実践会」

  • 成長していくために必要なこと「千葉売上アップ実践会」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • フリマサイトで再認識したこと「千葉売上アップ実践会」

  • 法人→個人「千葉売上アップ実践会」

  • セールスコピーは短い方がいい?長い方がいい?「千葉売上アップ実践会」

  • 新車購入のあとに…「千葉売上アップ実践会」

  • 神社参拝とスタンプラリー「千葉売上アップ実践会」

  • その「差」埋めていますか?「千葉売上アップ実践会」