1. TOP
  2. アイデア
  3. ファンになりました「千葉売上アップ実践会」

ファンになりました「千葉売上アップ実践会」

千葉売上アップ実践会
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
コンサルタント 田中博康です

 

少し前、通勤に使っている

自転車がパンクしました。

いつも買い物に行く「A」という

大型スーパーに自転車屋さんがあるので、

仕事帰りに寄ることにしました。

 

時刻はもうすぐ夜の7時前。

わたしの記憶が確かならば、

「A」の自転車さんは受付が7時30分。

なので、空気の抜けた自転車の後輪を

キュラキュラ言わせながら

自転車屋へと急ぎました。

そして、6時50分過ぎに到着。

 

すると、自転車屋のおやっさん。

レジ締め業務なう。ではありませんか。

「自転車のパンク修理を
お願いしたいんですけど…」

と控えめに言うも、

「今日はもう終わったよ。
見れることはみれるけど、
預かりで、明日になっちゃう」

と、ちょっとぶっきらぼうな言い方。

「明日、仕事で使いたいんですよー」

と言ってみるも、残念。

聞く耳を持ってくれませんでした。

 

「じゃ、いいでーす」と言って

踵を返すタイミングで

おやっさんのほうを見てみると、

特に悪びれた顔をすることもなく、

何も言わずにレジ締めに集中。

 

仕方なく店を出たわたしは、近くにある

大手の自転車屋さん「B」に電話。

「すいません。
自転車のパンクを直してもらいたいんですが」

と聞くと、

「あぁ~。いま、結構、パンク修理の
ご依頼が多くて、今日は難しいですね…」

と厳しい返事。

それでも一応、

「明日、通勤で使いたいんですけど」

と言ってみると、

「(店の)近くにいます?
近くなら、とりあえず、持ってきてください」

なんて優しいオコトバ。

 

自転車を引きずりながら、

約1キロ先の「B」へ。

店内は修理が終わった自転車と

これから修理を待つ自転車が

所狭しと並べられています。

 

店員さんは、作業していた手を止め、

わたしの自転車の後輪に空気を入れてくれたり、

虫ゴムを交換して、再度、空気を

入れ直してくれたりしてくれました。

 

ですが、空気を入れたソバから

「しゅーーーーーーーー」と聞こえるので、

完全にパンクです。

 

(これは今日は無理だな)と

心の中でつぶやいた、その時。

店員さんがほかの店員さんに

何か指示をしました。

 

指示を受けた店員さんが持ってきたのは、

「代車」でした。

 

車の車検なら当たり前の代車。

ここの自転車屋は代車があるんです。

もう、これだけで

ここの自転車屋のファンになりました。

 

小学1年生の息子の自転車、

2人の年長の娘たちの自転車も

ここで買おう。と思った瞬間です。

 

最初の「A」の自転車屋とは大違いです。

同じ自転車屋でもどうしてこんな差が

生まれてしまうのでしょうか?

 

「A」の中にある自転車屋は、

「自転車の修理」しか売っていない。

だから、時間間際に行っても、

「もう終わり」で終わり。

 

一方「B」の自転車屋は、

自転車を「移動手段」

「快適な通勤、通学の時間」

「時間短縮」「一人時間の提供」

「自転車がない不便さを知っている」

…を売っている。

 

だからこその代車であったり、

忙しい中、作業の手を止め、

虫ゴムを入れ替えて空気を入れてくれる

 

この仕事に対する意識の違いが

そのお店のファンになるかどうかの

差なんでしょうね。

 

現に、前はそんなに混んでいなかった

「B」は、お客さんが

売り場にたくさんいたし、

修理を終えた自転車も、

5~6台は置かれていました。

 

「A」と距離もそう遠くないのですが、

お客さんは「B」に

流れているのかも知れません。

 

あなたが扱っているいる商品、サービスは、

本当は何を売っていますか?

 

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございます。

千葉売上アップ実践会
ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)
コンサルタント 田中博康
――――――――――――――――――――
千葉売上アップ実践会
――――――――――――――――――――
メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/k3hG
Facebookページはこちらから
https://www.facebook.com/chibasalesup/#
(ぜひ、ページに“いいね”をお願いします)
LINE@はこちらから
→@wge8722xsh
メルマガ解除はこちらから
https://mail.os7.biz/del/k3hG
提供メニューはこちらから
http://salescopywriter.jp/lp/menu/
――――――――――――――――――――
発行人:田中博康
住所:千葉県千葉市稲毛区長沼町293
お問い合わせ:chibasalesup※gmail.com
(送信の際は※を@に変えてください)
―――――――――――――――――――

\ SNSでシェアしよう! /

千葉売上アップ実践会の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

千葉売上アップ実践会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

田中博康(たなか ひろやす)
DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)コンサルタント。
1997年から整体業界に。整骨院を開業した2008年にDRMに出会う。その後、DRMにはコピーライティングも必要だと感じ、2013年にダイレクト出版主催のコピーライティング講座“アプレンティス”に参加。自身の院でコピーライティングとDRMを使い、集客、患者維持のDMなどに応用。その経験を活かし、2018年からDRMをまだ知らない他業種の方へ紹介する「千葉売上アップ実践会」を立ち上げる。
・優良顧客へのDMキャンペーン結果
36,000円、45,500円、16,800円、
18,000円、11,000円の売上アップにかかった費用は切手代のたった120円だけ。
・328円で98,840円の売上。
・164円で12,000円の売上
・2年半通院がなかった患者さんの再来院率12.96%。
・8年半ぶりの来院で3か月の通院。
・9年ぶりに来院した患者さん。その後、5か月の通院で60,450円の売上。
・患者さん本人が院の存在を忘れていた…。10年ぶりの来院で26,073円の売上(保険請求含む)
・1枚のはがき「久しぶりね」と来院。通院1カ月で30,633円の売上(保険請求含む)
・10年前の患者さんが4人来院。トータルの売上90,936円(保険請求含まず)

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたの本当の仕事「千葉売上アップ実践会」

  • お客さんを混乱させていませんか?「千葉売上アップ実践会」

  • オファーは割引だけじゃない「千葉売上アップ実践会」

  • セミナーに行って感じたこと「千葉売上アップ実践会」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 出来そうでなかなかできないこと「千葉売上アップ実践会」

  • 頼む人・頼まれる人「千葉売上アップ実践会」

  • ダイレクト・レスポンス・マーケティングの基礎「千葉売上アップ実践会」

  • トマトは赤くなきゃいけないのか?「千葉売上アップ実践会」

  • スタバはコーヒーを売っていない「千葉売上アップ実践会」

  • 7,000億円売った男の話「千葉売上アップ実践会」