1. TOP
  2. アイデア
  3. うまく行っている肉屋は何を売っている?「千葉売上アップ実践会」

うまく行っている肉屋は何を売っている?「千葉売上アップ実践会」

アイデア マーケティング 行動心理
この記事は約 4 分で読めます。 101 Views

145年以上前からの集客方法で競合と差別化し、
お客様から選ばれる業界唯一無二の存在に。
【千葉売上アップ実践会】の田中博康です。
―――――――――――――――――――

 

近所に新しくスーパーができました。

ここは元々、イオンが入っていました。

 

新しくできたスーパーは用事がなかったので、

できてすぐ、行かなかったんですが、

よく行く床屋のマスターに話を聞いたり、

知り合いがFacebookで「行ってきた」と

投稿しているのを見たんですが、

この2人が共通して言っていたのが、

「肉の種類が豊富」ということ。

 

スーパーなんで、

当然、生鮮食品とかもありますが、

 

床屋のマスター曰く、

「あまり見ない肉も売っている」

 

知り合いのFacebookの投稿で

「肉好きな私にはたまらない」

みたいな感じで投稿していました。

 

 

なるほど。

 

ここで、あることを思い出しました。

 

それは、

【成功している肉屋は肉を売らない】

ということ。

 

テレビで有名な肉屋さんは、

当たり前ですが、肉屋さんです。

 

ですが、

牛や豚、鶏の「ブランド」を売っています。

あとは、産地、肉のランク、

どんな餌を食べて育ったのか?

あまり市場に出ない肉を

どれだけ扱っているか?というような希少性…

 

肉を売っていませんw

 

だからといってあなたも

扱っている商品、サービスではないものを売ろう、

と言っているわけではなく、

商品、サービスがいいのは当たり前。

 

その裏にある背景情報を

もっと出してみませんか?ということです。

 

先ほどの肉屋の話も、

ブランド、

産地、

ランク

餌、

など、食べる「肉」ではないですよね?

食べる肉になる前の背景です。

 

それをきちんと伝えることで

買う側は興味を持ちます。

 

そこにあなたの商品、サービスに対する思い、

ストーリーを持たせましょう。

 

ここででてきたストーリーは、

ライバルが持っていない、

あなただけのストーリーです。

 

ストーリーがあると、

お客さんが友達や周りの人に

あなたの商品、サービスを伝えるとき、

伝えやすいというのがあります。

 

「なんかおいしい」

「とにかく行ってみてよ」

とかより、

「これこれこう言う理由でおいしい」

と言ったほうが伝わりやすいし

言われた相手も興味を持ちます。

 

商品、サービスまんまを売るのではなく、

その背景を売ることを考えてみましょう。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今日はここまで。
最後までお読みいただきありがとうございます。

今日の記事の内容が、良かったな~と感じたら
「いいね」や「シェア」をぽちっとお願いします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

千葉売上アップ実践会
ダイレクトレスポンスマーケティングコーチ
田中博康

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
千葉売上アップ実践会
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メルマガ登録はこちらから
https://mail.os7.biz/add/k3hG
Facebookページはこちらから
https://www.facebook.com/chibasalesup/#
(ぜひ、ページに“いいね”をお願いします)
メルマガ解除はこちらから
https://mail.os7.biz/del/k3hG
提供メニューはこちらから
http://salescopywriter.jp/lp/menu/
――――――――――――――――――――
発行人:田中博康
住所:千葉県千葉市稲毛区長沼町293
お問い合わせ:chibasalesup※gmail.com
(送信の際は※を@に変えてください)
―――――――――――――――――――

\ SNSでシェアしよう! /

千葉売上アップ実践会の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

千葉売上アップ実践会の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

tanaka hiroyasu紹介 tanaka hiroyasu一覧

田中博康

田中博康

田中博康(たなか ひろやす)
DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)コンサルタント。
1997年から整体業界に。整骨院を開業した2008年にDRMに出会う。その後、DRMにはコピーライティングも必要だと感じ、2013年にダイレクト出版主催のコピーライティング講座“アプレンティス”に参加。自身の院でコピーライティングとDRMを使い、集客、患者維持のDMなどに応用。その経験を活かし、2018年からDRMをまだ知らない他業種の方へ紹介する「千葉売上アップ実践会」を立ち上げる。
・優良顧客へのDMキャンペーン結果
36,000円、45,500円、16,800円、
18,000円、11,000円の売上アップにかかった費用は切手代のたった120円だけ。
・328円で98,840円の売上。
・164円で12,000円の売上
・2年半通院がなかった患者さんの再来院率12.96%。
・8年半ぶりの来院で3か月の通院。
・9年ぶりに来院した患者さん。その後、5か月の通院で60,450円の売上。
・患者さん本人が院の存在を忘れていた…。10年ぶりの来院で26,073円の売上(保険請求含む)
・1枚のはがき「久しぶりね」と来院。通院1カ月で30,633円の売上(保険請求含む)
・10年前の患者さんが4人来院。トータルの売上90,936円(保険請求含まず)

この人が書いた記事  記事一覧

  • あなたの本当の仕事「千葉売上アップ実践会」

  • お客さんを混乱させていませんか?「千葉売上アップ実践会」

  • オファーは割引だけじゃない「千葉売上アップ実践会」

  • セミナーに行って感じたこと「千葉売上アップ実践会」

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 困難な条件を クリアした先にあるもの「千葉売上アップ実践会」

  • 商品ラブは罪なのか?「千葉売上アップ実践会」

  • テンションが高い営業マンが…「千葉売上アップ実践会」

  • 旨かった!!「千葉売上アップ実践会」

  • 盛り上がっていますね「千葉売上アップ実践会」

  • プロレスと野球に共通するもの「千葉売上アップ実践会」